銀行カードローンの毎月の返済額について

銀行カードローンの返済額はどうやって決まる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

いざと言うときに頼りになる銀行カードローン。しかし、借り入れを行った後は、毎月きちんと返済していかなくてはいけません。しかし、実際にどのくらいの金額を毎月返済しなくてはいけないのか、不安に感じる人も多いでしょう。実際に月々で返済する金額は、どのようにして決定するのでしょうか?調べてみました。

残高に応じて最低返済額が決められている!


銀行カードローンは、各銀行が定める約定返済基準日(返済期日)時点での借入残高に応じて、最低返済額が決められています。平たく言うと、残高別(残りの返済額)に対して毎月の最低返済額が定額で設定されている、と言うことです。最低返済額は銀行ごとに設定額が異なりますので、利用の際は確認が必要です。

【最低返済額の例】

A銀行

残高1万円未満…約定時の残高(実質全額)
残高50万円未満…10,000円
残高50万円超100万円未満…15,000円
残高100万円超150万円未満…20,000円

スポンサーリンク


B銀行

残高1万円未満…約定時の残高(実質全額)
残高1万円超100万円以下…10,000円
残高100万円超200万円以下…20,000円

C銀行

残高10万円以下…3,000円
残高10万円超20万円以下…6,000円
残高20万円超30万円以下…9,000円
残高30万円超40万円以下…12,000円
残高40万円超以後…残高が10万円増すごとに3,000円ずつ加算

このように、利用残高に応じて返済額が段階的に変わる返済方法を「残高スライドリボルビング方式」と呼びます。

残高スライドリボルビング方式のメリット・デメリットは?


「残高スライドリボルビング方式」では毎月の返済額が定額のため、分かりやすいのが最大のメリットです。決まった額で落ち着いて返済できるほか、返済期間が決まっていないので、じっくり返済できると感じる人もいるかもしれません。

しかし反面、支払い当初は利息の返済に充てられる割合が大きいことから、結構返したつもりでも、元金が思うように減っていかないということもあります。

出来れば繰上返済と組み合せるのがベスト!


「残高スライドリボルビング方式」に限ったことではありませんが、返済をより効果的に進めるには、少しずつでも毎月の返済以外に、繰上返済を組み合わせるのが良いでしょう。

元金を確実に減らすことは、確実に利息の節約につながります。したがって、返済を少しでもはやく終わらせることが可能です。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加