銀行カードローンの利用と親バレについて

銀行カードローンの利用は絶対に親バレしない?

このエントリーをはてなブックマークに追加

普通に銀行カードローンを利用している分には、親にバレることはありません。最近は契約やカードの受け取りを郵送以外の方法で行うケースが多く、明細書も基本的にWEB上での管理になっているため、郵送物から親にカードローンの利用がバレることはありません。

親バレが心配なカード郵送や利用明細は現在このようになっています


親に銀行カードローンの利用がばれる一番の原因は、自宅への郵送物でしょう。申し込み時に送られてくる契約書類やローンカード、利用中の利用明細書など、留守中に自宅に郵送されないかが、最も気になるポイントです。現在、郵送物の取り扱いは、各銀行ごと、以下のようになっています。

A銀行

契約時にA銀行にすでに口座があり、インターネット申し込みで、かつ手持ちのキャッシュカードをローンカードとして利用できるケースでは、契約完了後の確認書類が1回だけ郵送されてきます。

それ以外の申し込み方法では、契約書類のやりとりやローンカードの発行で複数回郵送物が発生します。契約完了後の取引明細は、自宅への郵送はなく、インターネットバンキングやATM、電話での照会になります。

スポンサーリンク


B銀行

申込時にパソコンなどのインターネット経由で申し込んでも、電話やメールオーダーで申し込んでも、本支店にある契約機で契約完了手続きとローンカードの受け取りを指定すれば、自宅への郵送物はありません。

逆に、インターネット申し込みを行っても、最寄に契約機がない場合は、自宅へ契約書類とローンカードが送られてきます。契約後の取引明細は、インターネットバンキングか本支店ATM、専用電話窓口への照会で入手できますので、郵送で送られてくることはありません。

C銀行

B銀行と同じく、申し込み方法に関わらず、契約機で契約完了とローンカード受け取りを行う場合は、自宅への郵送物はありません。郵送での契約完了とカード送付を希望すれば、自宅に郵便で届きます。

利用明細はインターネットバンキングか本支店ATM、提携ATM、専用ダイヤルへの問い合わせで照会できます。郵便物として明細が届くことはありません。

こんな時は親や家族、周囲にばれる危険性がUP


契約時だけ少し注意をすれば、自宅への郵送物はなく、銀行カードローンの利用が親バレすることはありません。しかし、延滞を起こした場合だけは別です。

返済遅れを起こした場合、まず初めに本人の携帯電話に連絡が入ります。この時点で対処できていれば、周囲にばれる危険性はほぼありません。

しかし、返済遅れのまま放置すると、自宅に返済を催促するハガキが郵送されるようになります。督促状が来ても放置するなど、悪質な対応をすれば、最終的には社員が自宅まで取り立てに来たりするようになります。

こうなると、もはや親にばれる、ばれない、の問題ではありません。くれぐれもカードローンの利用では、決められた返済をきちんと行うようにしましょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加