銀行カードローンとキャッシングの違いについて

銀行カードローンとキャッシングは何が違う?

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシングとは、キャッシュ(cash)= 現金 を指すことからも分かるように、直接的には「現金に換える」と言う意味があります。そこから、個人が金融機関(消費者金融、信販会社、銀行)から担保なし・保証人なしで小口の融資を受けるサービスのことを、一般的にキャッシングと呼びます。

銀行カードローンも個人向けに無担保・保証人なしの融資を行っているので、キャッシングサービスのひとつと言えます。

キャッシングの種類とは?


キャッシングは大きく3つの種類に分けることが出来ます。

消費者金融

テレビCMや電車内の広告などで頻繁に見かけるので、キャッシングと言えば消費者金融のこと、と思っている人もいます。消費者金融だけがキャッシングではありませんが、個人向けの小口融資に特化して業務を行っているのは、消費者金融です。

融資スピードが速いのが特徴で、大手消費者金融ではどこも申し込んだ当日に融資を受けられる即日融資に対応しています。即日融資は自分が指定した銀行口座に振り込みで対応してくれるので、新たに銀行口座を開設する手間もなく、スピーディーです。

一方、改正貸金業法により、申し込み者の年収の3分の1以上の貸付が出来なくなったので(総量規制)、無職の人が借り入れできないなどの弊害も出ています。

スポンサーリンク


銀行

銀行でも個人向けの無担保ローンを扱っており、その中のひとつが銀行カードローンです。貸金業法でなく銀行法の下に運営されているので、総量規制は適応されません。また消費者金融よりは金利が低めの設定になっていることから、年々人気が高まっています。

信販

信販とは、信用販売の略で、いわゆるクレジット会社のこと。クレジットカードにキャッシング枠があることは、多くの人が知っているでしょう。わざわざローンカードを作らなくても、手持ちのクレジットカードで借り入れできるのは便利ですが、金利が高いので、継続的に借り入れするのはおすすめできません。

銀行カードローンのメリットとは?


銀行カードローンの最大のメリットは、やはり「銀行から借りる」と言うことでしょう。近年では消費者金融もイメージアップしましたが、申し込みにに二の足を踏む人がまだまだ多いのも事実です。

の点、銀行カードローンは母体が銀行なので、安心感があります。また、総量規制の対象から外れている事や、金利が消費者金融と比較すると低い設定になっている事などが銀行カードローンのメリットとして知られています。

かつては消費者金融よりも審査がかなり厳しい、と言われてきました。しかし、実は最近の銀行カードローンでは、グループ系列の消費者金融や、信販会社が保証会社として入っています。

それぞれのノウハウを生かした形で審査に入っていますので、銀行カードローンだけが特別審査が厳しい、とは言えません。安心して申し込んでみてください。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加