銀行カードローンの完済後の解約について

銀行カードローンは完済後に解約すべき?

このエントリーをはてなブックマークに追加

銀行カードローンを完済後に解約すべきかどうかは、再度使う予定があるかどうかで判断します。使う予定がある場合は残しておくと便利ですが、当面使わない場合や、住宅ローンなど大口のローンを組む予定のある場合は解約することをおすすめします。

銀行カードローンは、完済 ≠ 解約ではない


銀行カードローンは、一度契約すると、ローンカードを使ってATMから限度額内で何度でも借入と返済が利便性があります。

その都度審査を受けなくても、必要な時にATMなどからすぐ用立てることが可能で、急にお金が必要になった際には本当に重宝するものです。使う予定のある場合、もちろん完済後も手元に置いておき、必要に応じて利用するのはまったく問題はありません。

しかし、完済後とりあえずカードは残しておいたけれど、その後使うことがなく、いつの間にかカードの存在すら忘れてしまっているようなケースがあります。このようなケース、本人からすれば過去に使っていたカード、という認識でも、解約手続きを踏まないまま放置しているので、契約自体はずっと残ったままになっているところに問題があります。

スポンサーリンク


カードローンを保有している状況は、契約で手に入れている融資枠を、いずれまた使うかもしれない、と判断されます。したがって、もしもこのような放置ローンカードを複数枚持っていると、それだけで高額な融資枠を保有していることもあり、そのほかの信用取引に影響を及ぼす可能性があります。

銀行カードローンの取引内容も個人信用情報機関に登録


銀行カードローンの契約中か、契約終了後5年間は取引情報が信用情報機関に登録されています。つまり、契約中はずっと取引情報が残って、生きている状態であり、完全に信用情報から情報が消えるまでには解約後5年を待たなくては行けません。

信用情報上に解約が記載されていれば、情報が残っていても、もうそのカードを使う可能性はないと分かりますが、契約が残ったまま放置されていると、また使う可能性がある借金の枠と判断されます。

放置していたカードローンで住宅ローンが借りられない?


解約せず、契約が残ったまま忘れていたカードローンが原因で、住宅ローンの審査に影響が出るケースがあります。例えばローンカードを解約しないまま忘れていて、契約年数とともに当初の限度額よりも増額されているケースがあります。

このような放置カードが複数枚あった場合、借入可能額が数百万円〜1000万円など高額になっていると、その範囲の借り入れをまた行うかもしれない、と判断されます。

このような場合、住宅ローンの審査に影響が出るケースがあります。防止策としては、住宅ローンなど大口のローンを組む際には、使う予定のないカードローンやクレジットカード類は解約し、信用情報をきれいにしておくことをおすすめします。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加