銀行カードローンの返済が遅延した場合について

銀行カードローンの返済が遅延するとどうなる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

銀行カードローンを利用したら、毎月決まった日にちに返済を行わなくてはいけません。しかし、万一、返済を忘れてしまったり、口座引き落としで残高が足りなかったりした場合は、どうなるのでしょうか?

返済が遅れると遅延損害金が発生します


まず、返済が決まった日にちに行えず、支払いが遅れてしまった場合は、利息以外に「遅延損害金」と言うお金がかかります。遅延損害金は、借入残高に対してだいたい年利20%程度の設定になっています。

今回返済が遅れた金額に対してではなく、残高全体(残りの返済額)からの算出になりますので、年利20%と言うと大きいです。その分が通常の利息とは別にかかってしまいますので、返済の負担が大きくなります。本来ならば支払わなくてもよいお金です。くれぐれも注意してください。

もしも返済が遅れてしまったら、必ずATMや会員サイトで残高照会を行うか、会員センターに電話を掛けて、いくら返済すればよいかを確認するようにしましょう。

そして出来るだけはやく返済分と遅延損害金を入金するようにします。伸びれば伸びただけ、遅延損害金がかさんできますので、出来るだけはやく精算しましょう。

スポンサーリンク


個人信用情報に遅延記録が残ってしまいます


さらに返済が遅れると、遅延延滞金だけではすまない、ほかの問題も起きてしまいます。個人信用情報機関には、カードローンの利用内容が記録されていますが、延滞を起こすと、延滞情報ももれなく記録されます。また、通常の取引記録とは違い、延滞情報は重要な情報として扱われます。

個人信用情報としては、延滞・未払いといった情報はもっともマイナス要素が強く、信用情報を傷つけてしまいます。もしも支払遅れをしてしまったら、出来るだけ早く対応して、きれいにしておくことが重要です。

もしも延滞を繰り返したら・・・


あってはならないことですが、万一延滞を繰り返したら、どうなるでしょうか?よく「金融ブラック」とか「ブラックリストに載る」などと言いますが、これは延滞や未払いなど返済できていない状況が重なった場合や、代位弁済、強制回収、自己破産などの状態を指します。

具体的にブラックリストと言うものが存在しているわけではありませんが、延滞などの金融事故の情報は、個人信用情報機関によって、各銀行で共有されており、ブラックリストがあるに等しい状況に近づいている、とも言えます。

借金を延滞したなどの情報がある場合、新たな貸出を拒否されるなど「貸出が出来ない客」とみなされているという印象があり、あたかも本当にブラックリストに載ってしまったかのような状況になってしまいます。

何度も延滞を繰り返すと、個人情報が悪くなるばかりでなく、借入ができなくなったり、他のローンの審査に影響したり、一括返済を求められたりします。

そうならないためにも、カードローンの返済は、毎月遅れることのないようにしましょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加