銀行カードローンの申込に必要な書類について

銀行カードローンの申込に必要な書類とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

銀行カードローンを利用するには、申込書の他に提出を求められる書類があります。申し込み時に何を用意すればよいかを、見ていきましょう。

申し込み時に用意すべき書類


どの銀行カードローンを申し込む際にも、必ず求められるのは「本人確認書類」です。これは銀行カードローンに限らず、消費者金融でも、その他のローンでも必ず提出が求められる書類になります。

本人確認書類とは、いわば身分証明書のこと。本人の顔写真が入っていることから、一番使いやすく、信用度が高いのが運転免許証です。

しかし、運転免許証のない人もいます。そのような方は、健康保険証やパスポートも本人確認書類として利用できますので、ご安心ください。

スポンサーリンク


収入証明書が必要な場合とは?


また、条件によって必要になるのが収入証明書です。収入証明書は、自営業・個人事業主の場合は、必ず提出が必要です。その他の人の場合は、希望する限度額によって、提出を求められる場合があります。

収入証明書の必要な限度額設定は、各銀行によって大きく差があります。100万円超、200万円超、300万円超、400万円超、などの、各銀行が定めた限度額の金額を超える額を希望する場合、収入証明書を本人確認書類と一緒に提出する決まりになっています。収入証明書としては、源泉徴収票や確定申告書、給与明細書などが利用できます。

インターネットで申し込んだ場合の書類提出方法


申し込み時に本人確認書類や、収入証明書が必要なことが分かりました。しかし、最近ではインターネットから申し込むことの多い銀行カードローン。そのような場合、必要書類はどのようにして提出すればよいでしょうか?

消費者金融系カードローンをインターネットから申し込んだ場合、最近最も多く利用されている方法は、スマートフォンなどで画像撮影したり、コピー機でスキャンしたものを、指定されたアドレスにメール添付で送信する方法です。

この方法が時間ロスが最も少ないのですが、残念ながら銀行カードローンでは、メールでの書類の送付ができません。したがって、銀行カードローンの書類提出は、基本的に郵送する必要があります。審査通過後、契約書類が郵送されてきますので、それと一緒に返送するようにします。

ただ、ローン契約機を持っている大手都市銀行では、インターネットで申し込みをし、審査通過後に本支店にあるローン契約機で書類をスキャンして提出することができます。この場合、ローン契約機からそのままローンカードを受け取れますので、急いで融資を受けた場合はこの方法がよいでしょう。

書類を郵送したり、郵送でカードが届くのを待てない、と言う場合は、インターネット申し込みにローン契約機を組み合せる方法がベストでしょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加