銀行カードローンの電話での在籍確認について

銀行カードローンの審査で電話による在籍確認はある?

このエントリーをはてなブックマークに追加

在籍確認とは、審査で行われる業務のひとつです。申し込み者の勤務先に審査員が直接電話をかけて、申込者が実際にそこで働いているかどうかを確認する目的で行われています。

銀行カードローンでは、どこの銀行でも、電話による在籍確認を行っています。電話による在籍確認のない銀行カードローンはありません。

在籍確認で銀行カードローンの利用がバレるか?


銀行カードローンを申し込むと、銀行のカードローン担当から直接勤務先に電話が入るため、カードローンの利用が会社にばれるのでは、と心配する人がいます。

しかし、カードローン担当者もプロですから、勤務先にばれないように、工夫をして電話をしてくれます。

例えば、家族や知人を装ったり、保険外交員のフリをしたりして、個人名で不自然でないように電話をかけてくれます。「○○銀行のカードローン担当の者ですが」などと名乗ることはありませんので、ご安心下さい。

スポンサーリンク


在籍確認は、基本的に本人が電話にでて、その職場にいる事が確認できて終了です。しかし、万一席を外していても「○○はただいま席を外しておりまして…」「○○は少々手が離せない状況にございまして…」といった内容でも、本人がその会社にいることは確認できますので、それで完了となる場合もあります。

WEB完結と謳っている銀行カードローンは?


現在、ある消費者金融では電話での在籍確認を省ける申込方法を打ち出しているカードローンがあります。「WEB完結申込」という名称の申し込み方法なのですが、確かに電話で職場への在籍確認を行うことはないようです。

しかし、申し込み条件に、系列銀行の口座を保有していることや、給与明細や健康保険証など、勤務を証明する書類を通常よりたくさん出すことなど条件が多く、電話を掛けない、と言うだけで、別の手段で在籍確認を行っています。

よく似た「WEB完結」と言う名前で、銀行カードローンが申し込みを受け付けている場合があり、前出の消費者金融の申込み方法と見分けが付きにくいことから、電話による在籍確認が省ける申し込み方法では?と勘違いしているケースがみられます。

しかし、残念ながら、銀行カードローンで「WEB完結」と謳っているものは、どれも電話による在席確認を省けるものではありません。銀行カードローンの「WEB完結」は、WEBで申し込み手続きがすべて完了する、といった意味合いで言われており、来店不要、程度の意味合いです。

また、銀行によっては、その銀行に口座があった場合、口座情報などを審査に生かしている場合があり、本人確認や収入証明書などの提出が省けるケースがあるようです。

つまり銀行カードローンでは、「WEB完結」と書いてあっても電話による職場への在籍確認は省けませんので、ご注意ください。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加