銀行カードローンの特徴について

銀行カードローンとは?どんな特徴がある?

このエントリーをはてなブックマークに追加

カードローンとは、あらかじめ審査で決められた限度額内で、何度でも自由に借入れ・返済ができるタイプの、個人向けフリーローンを指します。キャッシュカードを使ってATMから預金を引き出すように、発行されたローンカードでATMからの借入れ・返済が可能です。

また、パソコンやスマートフォンなどを使い、インタ―ネットからも手続きが出来て、利便性は抜群です。カードローンには大きく分けて消費者金融が発行しているものと、銀行が発行しているものがあります。ここでは銀行カードローンの特徴についてまとめてみましょう。

低金利が魅力的な銀行カードローン


銀行カードローンの最大の特長は、消費者金融系カードローンと比較した際に、かなりの低金利を実現していることです。特に最大金利を引き下げているのが特徴。多くの消費者系カードローンが最大金利を18.0%程度に設定していますが、銀行カードローンでは以下のような金利を打ち出しています。

  • A銀行カードローン:4.6%〜14.6%
  • B銀行カードローン:3.8%〜13.8%
  • C銀行カードローン:4.0%〜14.5%

スポンサーリンク


特に初めての借入れの場合は、最大金利に近い金利が適応になる場合が多いため、これから利用する人は最大金利を参考にするのが賢い選び方です。

総量規制が適応外、かつ最大限度額が高額!


カードローンに少し詳しい方なら、利用の際に総量規制を気にするでしょう。総量規制とは、貸金業法の中で定められている決まりで、利用者の年収の3分の1を超えて貸し付けを行ってはいけない、とされています。

しかし、実は総量規制は銀行カードローンには適応されません。総量規制は貸金業法の決まりですが、銀行は銀行法が適用されるため、貸金業法は無関係。つまり、銀行カードローンは審査に通れば、年収を気にすることなく借り入れが可能です。

また、総量規制適応外のため、銀行カードローンは設定されている限度額が軒並み高額です。消費者金融はおおむね500万円程度ですが、銀行カードローンでは800万円〜1000万円を設定しているものも見られます。

もちろん限度額は審査で決められますので、申し込めば誰でも提示してある高額な限度額が付くわけではありません。しかし、消費者金融系カードローンよりは高額借り入れが出来る可能性があります。

基本的に使い道は自由!でも事業性資金には向きません


銀行カードローンはフリーローンなので、借り入れたお金は生活費や教育費、レジャー費用など、どのような使い道にも生かすことが可能です。しかし、ただひとつ、事業用の資金として借り入れることはできません。例えば個人事業主が自分の生活費として借り入れることはできますが、事業用に借り入れることは不可なので、ご注意ください。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加