銀行カードローンの住宅ローンへの影響について

銀行カードローンの利用は住宅ローンに影響する?

このエントリーをはてなブックマークに追加

銀行カードローンをただ利用しただけで、住宅ローンの審査に影響することはありません。しかし、利用状況や銀行カードローン契約の状態によっては、住宅ローンが組めないケースがあります。どのような場合に注意すべきかを検証してみました。

延滞歴があると住宅ローン審査にはダイレクトに影響する


当然ですが、銀行カードローンを利用した際に延滞(返済遅れ)を起こしたり、支払えなくなって債務整理を行った場合は、その後の住宅ローンを利用しようと思った時に、ダイレクトに影響が出る場合があります。

個人信用情報機関に延滞を含む取引の状況はすべて記載されており、取引(お金を借りている状態)を継続している限りは残り続けます。延滞を解消し、借り入れ分を完済して取引が終了しても、その後5年間は記載が残り続けますので、忘れたころに過去の延滞が新たなローン審査に影響を及ばすことがあります。

また債務整理や破産申し立てといった事象が発生した場合も、5年間は情報が残ります。「少々の延滞くらい・・・」と思っていても、返済が続いているうちはもちろん、完済してからさらに5年は延滞の情報が残ります。思いのほか後々まで影響がでることがあり、注意が必要です。

スポンサーリンク


延滞なく完済している銀行カードローンが原因で住宅ローンが組めない?


過去に金融事故を起こした記憶があれば、住宅ローン審査で落とされても思い当たる節があるかもしれません。しかし、確かにカードローンは過去に使っていたけど、延滞もなく、きちんと完済して取引が終わっている・・・と言う場合でも、その後の新規ローンに影響がでることがあります。

銀行カードローンのみならず、カードローンは完済しただけでは契約が終わりません。ただ借り入れ残高が無くなった、と言うことで、契約自体は残っています。解約の手続をしないかぎり、カードローンの契約は残っていますので、貸付可能な融資枠がそのまま生きています。

このような場合、きわめて健全な利用で本人の信用度がどんどんUPし、融資枠が拡大されて、予想外に高額な限度額を付与されているケースがあります。

例えば独身時代に勧められるままに作ったカードローンやクレジットカードが大量にあって、現在は使っていなくて忘れている・・・といった場合でも、契約自体が残っていると、それぞれに付与されている融資枠が問題になります。複数枚のカードで、融資枠が合計で1000万円にもなったケースもあります。

これでは住宅ローンを貸し付ける側も、無視できない状態です。融資枠と言われても、カードを持っている本人にすれば「使ってもいない融資がそれだけで影響するの?」と思いがちです。しかし、融資枠は使うことの出来る借金の枠のことです。いずれ使うかもしれない借金、と受け取られても仕方ないのです。

将来の住宅ローンに影響しないために知っておきたいこと


こういったケースに陥らないために、日ごろから注意すべきなのは、不要なローンカードやクレジットカードはきちんと解約手続きを行い、放置しない、と言うことです。カード類は枚数を限定し、不要なものをため込まないよう、注意してください。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加