銀行カードローンの申込と収入証明について

銀行カードローンの申込に収入証明は不要?

このエントリーをはてなブックマークに追加

カードローンを申し込みと聞くと、ちゃんと返済できるかどうかを見れれるため、自分の収入を証明する書類が必要な感じがしますね。

申込条件の項目に、安定した収入のある人、と書かれているため、審査に通過するためには、年収がどのくらいかを調べられるのでは?と思う人もいるでしょう。実際、収入証明書の提出を求められるカードローンもあるのですが、銀行カードローンの場合はどうでしょうか。

法律上は銀行カードローンに収入証明書は不要です


まず、消費者金融系カードローンについて調べてみました。消費者金融系カードローンでは、以下のような場合、収入証明書の提出が法律で義務付けられています。

  • 1社の利用限度額が50万円を超える場合
  • 複数社からの借り入れ合計が100万円を超える場合

これは、貸金業法で定められている規則です。したがって、貸金業者からお金を借りる場合は、すべてこの決まりに乗っ取って、収入証明書の提出が求められます。

一方、銀行カードローンは、銀行法が適応されていますので、貸金業法の決まりとは無関係です。したがって法律的には、銀行カードローンを利用する際には、収入を証明する書類の提出は義務づけられてはいません。

スポンサーリンク


銀行側の規定で収入証明書の提出が必要な場合も!


しかし、実際のところは、銀行カードローンの利用でも収入証明書が求められるケースがあります。これは法律で決められているから、ではなく、銀行独自に定めている規定によるものです。

概して借入希望額が大きい場合は、収入証明書の提出が必要になる場合があります。具体的に、各銀行ごとの決まりは以下のようになっています。

  • A銀行・・・100万円超の利用限度額を希望している場合
  • B銀行・・・利用限度額が200万円を超えている場合
  • C銀行・・・300万円を超える利用限度額を希望している場合

このように、法律で決められていることではなく銀行独自の規定のため、各銀行ごとの提出条件が大きく異なっています。

収入証明書にはどんな書類が使えるの?


では、もしも収入証明書が必要な場合、どのようなものを提出したら良いのでしょうか。収入証明書として使えるものは、申し込み者の年収が確認できる書類ならOKです。具体的には、以下のような書類が収入証明書として利用できます。

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 納税証明書
  • 確定申告書

上記の書類から1点を提出すればOKです。収入証明書としてこれらの書類を提出する場合には、言うまでもなく、一番新しいものを用意するようにしましょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加