銀行カードローンのローン契約機について

銀行カードローンのローン契約機とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ローン契約機と言えば消費者金融の無人契約機のイメージが強いですが、近年、銀行カードローンでも傘下に入った消費者金融のノウハウを生かし、ローン契約機を導入するところが出てきました。銀行カードローンのローン契約機を使った申し込み方法について、まとめてみましょう。

A銀行のローン契約機(ACM)について


A銀行のローン契約機は、A銀行の本支店に設置されています。申し込みの際には運転免許証や保険証といった本人確認書類と、300万円以上の申し込みを行うなら源泉徴収票などの収入証明書を用意していくようにします。

契約機の案内に従い申し込み手続きを行うと、その内容からすぐに審査を行ってくれます。早ければ30分程度で審査完了です。

その場で契約手続きとローンカードを受けとり、カードを使ってA銀行ATMやコンビニなどにある提携ATMからすぐにお金を引き出すことが可能です。A銀行のローン契約機は毎日9時〜21時なら受け付けてくれます。

日中インターネットから申し込みをしておき、会社帰りにローンカードを受け取って帰る、といった使い方もできます。ローンカードは新たに発行するカードの他にも、すでに持っているキャッシュカードにローン機能をつけて利用することも可能です。

スポンサーリンク


B銀行のローン契約機(テレビ窓口)について


B銀行のローン契約機はテレビ画面を通じてオペレーターと話しながら手続きが進められるのが特徴です。銀行本支店のATMコーナーに設置されていることが多いようです。

テレビ窓口は注意点があり、本人確認書類として運転免許証が必要です。健康保険証などほかの本人確認書類では、テレビ窓口でローンカードの受け取りが出来ません。したがって、利用の際には必ず運転免許証を用意してください。

また、収入証明書は100万円を超える申し込みの場合、必要です。利用時間は平日で9時〜20時。土曜祝日は10時〜18時、日曜は10時〜17時と、日によって稼働時間が少々違います。
※運転免許証のない場合、カード受け取りは郵送になります。

ローン契約機はインターネット申し込みと合わせて使うのがベター


各銀行のローン契約機は、初めから設置場所に出かけて行き、申し込みから行うのもOKです。しかし、最も時間のロスが少なく、効率的に手続きが行えるのは、インターネット申し込みと合わせて利用する方法です。

自宅・会社などからパソコンやスマートフォン、タブレットなどを利用して、まずインターネット申し込みを行います。審査結果が出るまでは、ほかの用事をしながら待っていても大丈夫。

無事に審査通過の連絡がきたら、あらかじめ調べておいたローン契約機のある銀行本支店に行き、契約手続きを完了させると、その場ですぐにローンカードが受け取れます。

平日は仕事で手続きに行けない場合、ローン契約機は土日・祝日にも稼働しているので、あらかじめ審査まで済ませておき、休日を利用して受け取りに行くことも可能です。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加