銀行カードローンの金利について

銀行カードローンの金利は消費者金融に比べると低金利?

このエントリーをはてなブックマークに追加

すべての銀行が、とは言えませんが、ほとんどの銀行カードローンの金利設定は、消費者金融と比較すると低金利になっています。

銀行カードローンの金利設定はどのくらいになっている?


カードローンを利用する際には、やはり少しでも低金利のところを利用したいものです。銀行と消費者金融の金利について、比較してみましょう。

【銀行カードローンと消費者金融の金利比較】
  • A銀行  4.0%〜14.0%
  • B銀行  4.5%〜14.5%
  • C銀行  4.6%〜14.6%
  • 消費者金融A  4.5%〜17.8%
  • 消費者金融B  4.7%〜18.0%
  • 消費者金融C  4.8%〜18.0%

カードローンの金利設定には各社とも幅があり、表示している範囲内で適応金利が決まります。銀行カードローンと消費者金融の金利を並べてみると、最低金利の方はあまり差がないのが分かります。

一方、上限金利は銀行カードローンの方が圧倒的に低く抑えてあります。近年消費者金融の金利も引き下げ傾向にありますが、下がっていくのは最低金利の方ばかりです。

上限金利は、やはり利息制限法で定められている18.0%を基準にしているところが大半です。もっとも、消費者金融でも100万円を超える貸し付けに関しては、金利が法律で15.0%上限に決まっています。それでも銀行カードローンの金利の方が低い設定になっています。

スポンサーリンク


実際に適応になる金利はどのように決まる?


例えば、4.0%〜14.0%、と表示してあると、実際にどのくらいの金利になるのか不安に思う人もいるでしょう。申し込んだあと、どのように適応金利が決まるのでしょうか。

利用限度額によって決まる場合

消費者金融の適応金利は、申し込んで審査を受けないとどのくらいになるのかが不明です。しかし、銀行カードローンは、契約した利用限度額別に適応金利を公表していますので、希望する限度額によってある程度見通しを建てることが可能です。例えばA銀行は年利4.0%〜14.0%の設定ですが、利用限度額別に適応金利がはっきり決められています。

【A銀行限度額別の適応金利】
  • 800万〜1000万  4.0%
  • 600万〜800万未満 4.5%
  • 500万〜600万未満 5.0%
  • 400万〜500万未満 6.0%
  • 300万〜400万未満 7.0%
  • 200万〜300万未満 9.0%
  • 100万〜200万未満 12.0%
  • 10万〜100万未満  14.0%

審査により利用限度額が決まったら、金利も同時にはっきりと分かります。

金利に幅のある場合は、高い方の金利が適応になると考える


銀行カードローンによっては、限度額別の適応金利に、さらに幅がある場合があります。このような場合、初めての申し込みであれば、最高金利かそれに近い金利になると考えた方が良いでしょう。

利用を重ねて信用度がアップすれば、より低い金利になる可能性がありますので、健全な利用を心がけて下さい。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加