銀行カードローンのメリットとデメリットについて

銀行カードローンのメリットとデメリットとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

消費者金融系のカードローンに二の足を踏む人でも、銀行カードローンは安心して使えると感じている人が多く、ますます人気が高くなっています。そのような銀行カードローン、正しくメリット・デメリットを理解できていますか?ここでは銀行カードローンのメリットとデメリットを、具体的にまとめてみましょう。

銀行カードローンのメリット


銀行カードローンのメリットは、なんといっても消費者金融系カードローンと比較した場合、低金利な点でしょう。試しに有名銀行カードローンと、大手消費者金融の金利を比較してみました。

  • 銀行カードローンA社:3.8%〜13.8%
  • 銀行カードローンB社:4.0%〜14.0%
  • 銀行カードローンC社:4.6%〜14.6%

  • 消費者金融A社:4.5%〜17.8%
  • 消費者金融B社:4.7%〜18.0%
  • 消費者金融C社:4.8%〜18.0%

スポンサーリンク


カードローンの金利は幅を持って表示されていますが、これは最低金利と最高金利を表しています。どのくらいの金利で借りられるかは、銀行カードローンも消費者金融も審査によって決定します。初回申込みの場合は、たいてい最高金利に近い金利が適応になるケースが大半です。

比較を見ると、各銀行カードローンでは、最高金利が消費者金融よりもかなり抑えられているのが分かります。一部例外もありますが、消費者金融が最高金利をだいたい18%程度に設定しているのに比べて、銀行カードローンは14%台をキープしているところが多いもの。

つまり、初めての利用者ほど、銀行カードローンの方が低金利で借りられる可能性が高いことが分かります。

銀行カードローンのデメリット


では、銀行カードローンのデメリットはどのような点でしょうか。銀行カードローンのデメリットは、消費者金融と比較すると、借り入れまでの時間が掛かる、と言う点が挙げられます。消費者金融系カードローンでは、即日融資といって、最短で申し込んだ当日に融資が受けられるサービスを行っています。

インターネットから申し込みすれば、その日のうちに自分の銀行口座に振り込みで融資が受けられる可能性があるので、急ぎで融資を受けたい人の場合、消費者金融を選ぶ傾向にあります。

銀行カードローンは審査を大手消費者金融に委託しているため、審査に時間がかかることがあります。その結果、申し込みから契約完了までに日にちがかかり、スピィーディーな融資が難しいケースが多いようです。しかし、銀行カードローンの審査もだんだん早くなってきている傾向にあります。

消費者金融の自動契約機のような機械を店舗に設置したり、銀行口座を持っている顧客は口座情報を審査に生かしたりして、即日融資が可能になったケースが出てきています。

審査に時間がかかりすぎると言われてきた銀行カードローンですが、このデメリットも銀行によっては次第に改善していると言えるでしょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加