在籍確認なしの銀行カードローンについて

在籍確認なしの銀行カードローンはある?

このエントリーをはてなブックマークに追加

カードローンに限らず、各種ローンの審査で必ず行われる「在籍確認」。これは、申込書に記載した勤務先で本当に在籍・勤務しているかを確認する方法で、一般的には直接勤務先に電話をかけて、本人がいるかどうかを確かめます。

カードローンの申し込みの際、銀行カードローンでは必ず在籍確認を行います。在籍確認を行っていない銀行カードローンはありません。

そもそも在籍確認とは?


在籍確認とは、申込み書に記載した勤務先に本当に「在籍しているかどうか」を確認するための作業です。平たく言えば、申告した勤務先で本当に働いているかを確かめること。

基本的にカードローン側から勤務先の直接電話をかけて、本人が本当のそこにいるかどうかを確認します。なぜカードローンにおいて在籍確認が重視されるかと言うと、自社で確実に裏付けが取れる項目である、と言う理由です。

例えば、他に抱えている借金や、過去の金融事故の有無などは、仮に申込時にウソを記載していても、カードローン側で個人信用情報機関に照会すれば、全て把握することが出来ます。

それと同様に、勤務先情報についても、自社で勤務先に直接電話をかけることで、裏付けをとることが出来ます。また、勤務先が明らかになることによって、おおよその年収を把握することも可能です。

スポンサーリンク


在籍確認の電話でカードローンの利用が周囲にばれませんか?


在籍確認の電話は、銀行のカードローン担当からかかってきますが、個人名でかけてくれるので(家族や保険外交員を装ってもらうことも可能)、カードローンの審査だとばれるということはありません。

それでも不安な人は、クレジットカードの申し込みをした、とでもいうことにしておけば問題ありません。

また、必ず本人が電話口に出なくてはいけない、ということはありません。例えば有給を利用して申し込みを行った場合などは、その日に在籍確認の電話を掛けられても、自分は職場にいません。

しかし「○○は本日お休みを頂戴しておりまして…」と言う返答でも、そこで働いているのが証明できます。あくまでも「その職場にいることが確認出来ればOK」です。

在籍確認を省略すると宣伝しているカードローンがありますが・・・


実は消費者金融系カードローンで、1社だけ在籍確認の電話を省いているところがあります。しかし、勤務先に電話をかけない、と言うだけで、在籍確認は別の方法で行っています。

  • 指定された銀行に口座があること
  • 本人確認書類を提出
  • 収入を証明できる書類として、源泉徴収票などを提出
  • 勤務先確認の書類として健康保険証と給与明細を提出
という条件をクリアした場合のみ、在籍確認の電話を省略できます。

勤務先の保険証などがあれば、確かに在籍をしていることは証明できそうですが、銀行カードローンでは、上記のような方法を行うことで、電話による在籍確認を省いているところはまだありません。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加