銀行カードローンの申込と他社借入について

銀行カードローンは他社借入があっても申込できる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

銀行カードローンは、すでにほかの銀行や消費者金融などから借り入れがあっても、申し込みは可能です。しかし、借入件数があまりにも多いと、審査に通ることが難しくなります。

他社借り入れには、住宅ローンや自動車ローンを含みますか?


そもそも「他社借り入れ」には、どの範囲のローンが含まれるのでしょうか。

他社借り入れにカウントされるローンとは、個人を対象に無担保で貸し付けされているローンとなります。具体的には、

  • カードローン
  • フリーローン
  • キャッシング(クレジットカードのキャッシングを含む)
  • 目的別ローン
  • おまとめローン
  • 借り換えローン
  • 教育ローン

と言った名称で扱われているローンが、他社借り入れのカウント対象となります。気になるのは、金額が大きくなりがちな住宅ローンや自動車ローンです。

これらはそれぞれ住宅や車を借入の担保にしている有担保ローンです。有担保ローンは、カードローン申し込みの際の他社借り入れのカウント対象とはなりません。不動産を担保に借り入れしているケースも、カウントする必要は有りません。

スポンサーリンク


他社の借入があるから新規でカードローンが作れない、ということはない


申し込みの際に必ず他社借り入れの件数や金額について聞かれる、とはいえ、他社借り入れがあるとまったく新しいカードローンが作れない、と言うことはありません。

もっとも、他社借り入れがないのがいちばん有利なのですが、1〜2社から他に借り入れをしていたからと言って、申し込みが出来ない、というわけではありません。

申込みの際には、ごまかさず本当のことを申告するのがポイント


そうはいうものの、他社借り入れがある人は、新しくカードローンの申し込みをするにも、受け付けてくれるのか、審査に通ることが出来るのか、不安になってしまうでしょう。

必ず聞かれる「他社での借り入れ」について、もっとも大事なことは、正直に申告すると言うことです。

銀行カードローンだけでなく、消費者金融やクレジットなどすべての信用取り引きは、個人信用情報機関に取り引きの記録をすべて残しています。

個人信用情報機関は国内に3つあり銀行や消費者金融など業種によって、使っている個人信用機関が異なります。しかし、だからといって、消費者金融の利用は銀行にばれない、ということはありません。

個人信用機関同士は、お互いにネットワークでつながれており、別の信用機関の情報も分かる仕組みになっています。

他社の利用状況は消費者金融や各種キャッシングの情報まで銀行側に筒抜けになっていますので、カードローン申し込みの際には、とにかく正直に申告をしましょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加