銀行カードローンの安全性とリスクについて

銀行カードローンは安全?リスクはない?

このエントリーをはてなブックマークに追加

銀行カードローンに申し込み、利用することでなにか不利益が発生するのでは?と心配する人がいます。実際に、銀行カードローンの利用は安全なのでしょうか?解説しましょう。

通常の利用でリスクが発生することはない


結論から言うと、銀行カードローンを利用するだけで、何かのリスクが発生することはありません。申し込んだことを会社や周囲に知られると、印象が悪くなったり、不利になることがあるのではないか、と考える人がいますが、銀行カードローンの利用が周囲にバレることはありません。

普通に申し込み、限度額内で適正に利用し、きちんと毎月返済していれば、なにも不安に感じることはありません。

銀行カードローンでリスクが発生する原因とは?


では、銀行カードローンの利用には、リスクは全くないのでしょうか?通常の利用ではリスクは発生しませんが、実はリスクが発生してしまう利用状況と言うのはあります。

スポンサーリンク


銀行カードローンの利用で、もっとも注意しなくてはいけないのは、延滞、つまり返済が遅れることです。延滞は銀行カードローンに限らず、借入をした際にはもっとも気を付けなければいけないことです。

銀行カードローンをはじめとするローンやクレジットカードの利用は「信用取引」と呼ばれます。そして、それらの利用情報は「個人信用情報」と言い、個人信用情報機関というところで総括管理されています。

国内には現在、以下の3社の個人信用情報機関があります。

  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)
  • ⇒銀行と一部クレジットカードの信用情報を管理
  • 株式会社シー・アイ・シー(CIC)
  • ⇒主にクレジット系の信用情報を管理しているが、一部消費者金融なども利用
  • 株式会社日本信用情報機構(JICC)
  • ⇒おもに消費者金融など貸金業者が利用

銀行カードローンの信用情報の管理は全国銀行個人信用情報センターで行われ、申し込みから契約、借入状況、返済状況、延滞の有無など、利用に関するすべての情報が書き込まれます。

万一返済が滞ったり、その結果債務整理を行ったりすると、信用情報機関にそれらの事実が記載され、事故情報と呼ばれる信用情報上のリスクになります。

実際にどのような不利益がある?


個人信用情報に延滞などの事故情報が書き込まれると、その後の信用取引に影響が出ます。具体的に言うと、新たな借入が出来なくなります。取引状況の情報は、最長で5年間残りますので注意が必要です。

カードローンの借入だけでなく、後々の住宅ローンや自動車ローンなどの借入にも影響してきますので、くれぐれも延滞にはご注意ください。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加