銀行カードローンの審査基準について

銀行カードローンの審査基準とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

銀行カードローンを申し込むと、一番気になるのは、審査に通るかどうか、と言うことでしょう。カードローン審査とは、どのような点を見て、貸付可能かどうかをチェックしているのでしょうか?

はっきりとした審査基準は実は公になっていません


実は、銀行に限らず、カードローンの審査基準は、明確に公表されているものではありません。もちろんホームページを隅から隅まで読み込んだとしても、どこにも書かれていません。

しかし、元銀行員などの内情に詳しい人の発信する情報や体験談などから、多角的に推測された審査基準が、インターネット等で公表されています。

非公式な情報ではありますが、そのような知識の蓄積によって、審査基準がどのようになっているかを知る事が可能です。

スポンサーリンク


審査ではどんなところがチェックされるの?


カードローン審査では、「属性」と呼ばれる個人情報を、独自の基準によって審査対象としています。具体的には以下のような項目がチェックされます。

  • 申込者の年齢
  • 勤務している年数
  • 勤務している職種・職業
  • 勤務先の規模
  • 申込者の年収
  • 今住んでいる家の居住年数
  • 住居が持ち家か賃貸か
  • 家族構成(単身者か、家族持ちか、など)
  • 電話の有無や種類(固定電話か携帯電話か、など)

銀行は上記の属性項目を独自の基準でスコアリングして、総合的に審査を行っています。

尚、稀に勘違いをされている方もいるのですが、年齢が若いほど審査で有利になるというわけではありません。「申込者の年齢」という属性において、もっとも審査で有利になるのは50代前半だと言われています。

次いで40代、30代、20代という順番で属性評価は高くなります。ただし、50代後半になると一気に属性評価は落ちてしまいます。定年が近いと、安定収入が確保できなくなるからだと思われます。

勤務年数は長いほどよく、勤務先規模も大きいほど評価が高くなり、このあたりは安定性を考えると納得です。また、住居も賃貸よりは持ち家の方が信用度が上です。

しかし意外なことに、単身賃貸で自立して生活しているより、親の実家(持ち家)に居候しているほうが、属性審査的には評価が高いそうです。

銀行カードローンの審査は誰が行っているの?


余談ですが、銀行カードローンの審査を誰が行っているか、知っているでしょうか?銀行員が行っている?違います。実は保証会社(消費者金融)に審査を委託しています。

各銀行カードローンは、保証人がいらない代わりに、保証会社が保証業務を行っています。近年、大手消費者金融が大手銀行グループの傘下に入り、グループ企業となる例が見られます。

このような場合、銀行カードローンの審査を行っているのは大手消費者金融になります。

  • A銀行カードローン…保証会社がアコム
  • B銀行カードローン…保証会社がプロミス

また、アコムは複数の銀行の保証業務を担当していますので、そのうちのひとつに審査落ちすると、アコムが審査している別の銀行のカードローンでも審査落ちする可能性が高くなります。

知らずに申し込んで後で泣かないように、銀行カードローンの申し込みの際には、どこが保証業務を務めているかも、見ておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加