銀行カードローンの保証会社について

銀行カードローンの保証会社とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

銀行カードローンは無担保・保証人なしで借りられるカードローンです。商品説明書を詳しく見ていくと、確かに担保・保証人の欄には「不要」と書かれています。

しかし同じ欄に「保証会社○○の保証を受けていただきます」とか「保証会社△△が審査のうえ保証します」などと書かれています。保証会社とは、どのような会社で、何の役割をしているのでしょうか。詳しく解説します。

そもそも保証人ってなんですか?


銀行カードローンは保証人なしで借りられますが、そもそも保証人とは何のことでしょうか?まず保証人、と言う場合の「保証」とは、分かりやすく言えば、借金をした人がきちんと返済を行わない場合、その借金を借り主の代わりにきちんと支払う義務を負うことを指します。

民法上の言葉では、債務者に代わって債務を履行する義務を負う、と表現されます。保証人とは、保証を負う人、と言う意味で、いわば万一借り主が返済できなければ、私が借金を肩代わりをしますよ、という役目を負います。

今でも大口のローンなど、保証人が必要なローンがありますが、身内ならともかく知人に依頼するのは大変なことです。銀行カードローンは「保証人は不要です」と言っているのは、借りやすさを端的に表していると言えるのですね。

保証会社が果たす役割


しかし銀行側も、本当に保証を負ってくれる人がいなくては、万一の時には損害を被ってしまいます。このような事態を避けるために、保証業務を外部の保証会社に委託しています。銀行カードローンの保証会社は、ローン申し込みの際の審査を請け負うほか、債権を保全する役割も担っています。

債権の保全とは、万一借り主が借金を返済できなくなった場合、銀行側に借り主の借金を保証する代わりに債権そのものを保証会社が引き取る(代位弁済)ことを指します。

借り主にすれば銀行側が持っていた債権が保証会社に移るだけなのですが、銀行側にすれば審査から顧客(借り主)の返済の管理や債権の管理まで、保証会社が一手に引き受けてくれるということで、銀行にとってはメリットの高い関係性となっています。

銀行カードローンの保証会社は消費者金融?


ところで、銀行カードローンの保証会社をみていると、消費者金融が保証を行っているのが分かります。メガバンクの傘下に入った消費者金融が、長年培ったノウハウを活かしながら、親会社である各メガバンクの保証業務を一手に引き受けている構図が見えてきますね。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加