銀行カードローンのお試し審査について

銀行カードローンのお試し審査とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

お試し審査、と言う言葉を耳にしたことがありますか?これは文字通り、本格的に申し込んで審査を受ける前に、借入れが可能かどうかを「お試しで」簡易的に調べる方法のことです。

お試し審査とは、消費者金融で行われているサービス


お試し審査とは、消費者金融が取り入れているサービスのこと。大手各社とも、ホームページからお試し審査が受けられるようになっています。

カードローン審査には、いくつか段階があり、お試し診断はあくまでも申し込みが出来るかどうかを判断するための事前調査のようなものです。正式な申込み前に利用できるので、気軽に試すことが可能です。

消費者金融のお試し審査の特長は、まず無記名で診断が受けられること。本格的な申込みではないので、名前や住所を書きこむ必要がありません。

記入を求められるのは生年月日や年齢、性別や結婚の有無、年収、現在の借入件数や仮入れ総額などで、会社によって聞かれる項目が異なります。

また、「3秒診断」など、ごく短時間で結果が分かることが特徴で、お試し審査ののち、申し込み書を記載し提出すると、正式な申込みになります。

スポンサーリンク


本格的に申し込んで本審査を受けた場合、お試し審査と同じ結果になるかどうかは保証できません。しかし、借入が可能かどうかをサクッと調べる手立てにはなります。

また、申し込めるかどうかが不安な人の場合でも、簡単な項目で借り入れの可否を知らべることが可能です。

また万が一貸し付けが難しい、と言う結果であった場合、裏ワザですが、どのような条件ならOKが出るかを、数値(年収や他社からの借入額)を変えて試すことも可能です。

銀行カードローンではお試し審査はありません


このように便利なお試し診断ですが、銀行カードローンではお試し審査は基本的にありません(一部の銀行はお試し審査サービスを設けています)。

したがって、だいたいの審査の可否を、申し込み前に知ることは、残念ながらできません。

お試し審査のない銀行カードローン。どうすればよいですか?


銀行カードローンはお試し審査がないため、いきなり申し込むことに抵抗を感じる人もいるかもしれません。

しかし、若い世代で定職があり、居住地もはっきりしていて、ほかの借入もほとんどないような人なら、たぶん落ちることはないだろうと予測できます。

したがって、銀行カードローンは、とりあえず申し込みを行ってみるのが適切です。審査に通るかどうかを心配しても、明確な基準が不明なため、どのような結果が出るかはわかりません。

まずは実際に申し込みをしてみることをおすすめします。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加