銀行カードローンは利用明細などを郵送なしにできる?

銀行カードローンは利用明細などを郵送なしにできる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

銀行カードローンは、インターネットバンキングやATMを利用した取り引き方法(お金の引き出し、返済)に限定されています。

したがって、利用明細はインターネットバンキング内の明細で管理するか、ATMの取り引き明細での管理になります。自宅へ郵送されることはありませんので、安心して利用可能です。

各銀行カードローンの利用明細はこのように管理されている


銀行カードローンを利用すると、自宅に利用明細が送られてきて、家族や周囲の人に利用が発覚するのを不安に感じる人がいます。

しかし、銀行カードローンは、利用自体がネットバンキングを通すか、ATMからの直接取り引きになっています。各銀行カードローンごとに、利用明細の扱いがどうなっているかを比較してみます。

A銀行

カードローンのFAQに「カードローンの取引明細は発送いたしません」と明記してあります。すべての取り引き内容はA銀行のインターネットバンキングか、専用ダイヤルへの電話で確認するようになっています。

また書面で必要な場合は、窓口にて有料で発行することも出来ます。A銀行の郵送物は、契約時の確認書類やローンカードの発送が必要な場合などに限られます。

スポンサーリンク


B銀行

カードローンの利用状況の明細は、インターネットバンキングか、銀行本支店のATMからの紹介、またはカードローン専用窓口に電話で問い合わせする方法のいずれかを利用します。自宅へ利用明細を郵送することはありません。

C銀行

カードローンの残高照会(利用明細)はインターネットバンキングか、本支店ATM、提携ATM、専用窓口への問い合わせで利用できます。利用明細の自宅送付はありません。

契約・カードの受け取りを契約機で完了した場合は、契約時も含め、自宅への郵送物はまったくありません。もちろん、郵送での受け取りを希望した場合は、契約書類・ローンカードとも、自宅に郵送してくれます。

インターネットバンキングやATM明細でどんな内容がわかるの?


利用明細をインターネットバンキングやATMの明細で確認したいとき、どのような内容がわかるでしょうか?利用明細の内容には、以下のような情報が含まれます。

  • 利用可能金額
  • 契約極度額
  • 利用残高
  • 利息金額
  • 次回返済額
  • 次回返済期日
  • 振込返済先口座情報

利用明細とは、単に残高照会だけではなく、返済期日や返済額といった重要な情報も含まれています。注意したいのは、ATMで利用明細書が発行された場合です。契約上の重要な内容が含まれていますので、うっかり取り忘れをしたり、うかつに処分したりすることのないよう、注意して下さい。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加