銀行カードローンと消費者金融の審査の厳しさについて

銀行カードローンと消費者金融の審査はどっちが厳しい?

このエントリーをはてなブックマークに追加

カードローンについて調べていると、よく「銀行カードローンの審査は厳しい」「消費者金融の方が審査に通りやすい」と書かれていることがあります。

イメージ的には確かに銀行カードローンの方が敷居が高く、厳しい感じがします。しかし、実際のところ、銀行カードローンと消費者金融の審査に差はあるのでしょうか?銀行カードローンが特別審査が厳しいと言うことがあるのでしょうか?

実は銀行カードローンの審査は・・・


銀行カードローンと消費者金融の審査は、実は双方にたいした差はなく、審査の通りやすさ・通りにくさは同じくらいと言われています。これには実は理由があります。それは、銀行カードローンでは、消費者金融や信販会社が審査を行っているからです。

銀行カードローンも保証人を立てずに利用できますが、その代わりに、保証会社の保証を受ける事が、申し込み条件として各銀行カードローンの詳細情報に記載されています。この保証会社が、消費者金融や信販会社になっており、実質的にこれらの会社が銀行カードローンの審査を委託されて行っています。

銀行カードローンと消費者金融の審査内容は違いますか?


銀行カードローンの審査を消費者金融などが行っているため、両者の審査内容には、実質的に差はないと考えられます。銀行カードローンの方にだけ、なにか特別な審査方法を取り入れている、ということはありません。

具体的には生年月日や住所・勤務先・住居種別などの属性(申込者のプロフィール的な情報)審査に、個人信用情報の調査、在籍確認が含まれます。

属性審査も、たとえば保有している電話の種類では固定電話があるほうが評価が高く、携帯しか持っていない場合は評価が低い、などの決まりがあります。

このような審査内容も、銀行カードローンの審査は消費者金融が行っているので、差がありません。

銀行カードローンの保証会社の役割とは?


さて、余談ですが、各銀行カードローンの審査も担っている保証会社の消費者金融。保証会社とは、どのような働きをするのでしょうか?保証会社とは、借主が万が一返済不能に落ちいった場合、残りの借金を債権者(この場合は銀行カードローン)に一括で建て替えます(代位弁済)。

しかし、これで借金が帳消しになるわけではなく、債務者は保証会社に対して返済義務を負うようになります。債務不履行に陥った場合、銀行カードローンで借り入れていたつもりが、いつのまにか消費者金融の借金になってしまうことがありますので、ご注意下さい。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加